DTPデザイナー

DTPデザイナーとは DTPデザイナーは、名刺・チラシ・パンフレット・雑誌など、紙媒体のレイアウト・デザインを、DTPソフト使用して制作する職種です。
仕事内容としては、写真・イラスト・文字などの素材を使って、クライアントの希望する紙面用のデザイン制作を行います。
グラフィックソフトや編集ソフトを使いこなすスキルのほかに、デザイン理論や印刷の知識などが必要です。

これからのニーズ 雑誌や書籍などの出版業界や新聞業界は厳しいといわれています。しかし、年齢が上がるほど紙媒体で情報を得ている消費者は多く、チラシやパンフレット等は、未だ製品・サービスのPRに多く活用されています。また、自宅サロンや起業など、独立する人が増える中で、名刺・看板・横断幕等の需要は多くあります。業界全体の縮小によって大手企業にとって紙媒体は“冬の時代”ですが、今後も紙媒体がすべてなくなるということはなく、今後も紙媒体の需要は大きく見込まれています

DTPデザイナーになるには? 一般的には専門学校や民間のスクールに通ったり、または独学で学んで実践でスキルを上げていく職業なので特に資格がなくても自分の作品さえあれば就職のアピールポイントになります。
DTPデザインスクール開講 えら部のデザインを支える野島奈美と上里ジヤナサン誠によるスクール開講が決定☆DTPデザイナーとして食べていきたい人はもちろん、自分で名刺やチラシなど簡単なものが作れるようになりたい方など、レベルに応じた少人数のクラスで実践で「出来るまで」行います。卒業後、希望者にはお仕事の提供も可能です。
DTPデザインスクール開講 個別説明会 随時受付中!
参加費:無料
※以下「必須条件」をご確認頂き、希望日時をご記入の上
まずは説明会にお申し込みください。
【必須条件】○ワード、エクセルの操作ができる方 ○何か作りたいツールがある方
○ご自分のPCをお持ちの方 ○イラストレーターやフォトショップをインストール可能な方、
またはインストール済みの方 ○どんなソフトでも構わないので、過去に作ったものをお持ちの方
説明会のお申込はこちら スクールのお申込はこちら

受講生インタビュー

経験や年齢は関係ない!やりたい気持ちがあればいい

大見謝 陽子

Profile
大見謝 陽子(50歳)
高校の事務職員。
毎日パソコンは使用している。
エクセル・ワード1級(サーティファイ)保持。

a

「やってみたい!」の好奇心と、ちょっとの勇気でDTPデザインの世界に踏み込んだ陽子さん。12月に入学を決められてから数ヵ月で今、皆さんが目にしているこの記事を完成させた。そんな陽子さんにDTPデザインの仕事の魅力を伺いました。

DTPスクールに入るきっかけと入学した理由
友人がヘナのインストラクターを始めたという事で、初めて新都心の沖サロハウスへ。50になって人生を折り返し、子育てもひと段落ついたし、何か私にもできることないかな?と思っていた矢先でした。同い年の友人の生き生きとした姿にも触発されたのか、DTPスクールの説明会があると聞き、軽いのりで「行く!」と、スグに参加申込みをしました。今まで印刷会社に依頼していたものが自分でも作れるようになるようだし副業にもなりそうだし、すごく面白そう!と説明会に参加して感じたので本格的に勉強してみようと思いました。

授業の進み方はいかがでしたか?
授業は少人数制、もしくはマンツーマンになる日もあり、集中して教えて頂きました。イラストレーターの使い方は何度も忘れては聞いてを繰り返しながら授業を進めてもらいました。1週間単位でスケジュール調整をして頂き、仕事をしながら続ける事が出来ました。宿題もメールで送っていただき、メールで解答を送り、添削してもらいました。家で少しでも触らないと忘れてしまう年頃ですので、それがとても助かりました。

実際、やってみていかがでしたか?
私は、文字間や文字詰めの比率などを調整しながら、入れるべき範囲にピタッと収まる瞬間が好きみたいです。こんな技があったのか!と毎回感動。ワードにはない細かい設定が面白い。逆に難しいと感じたのは配色や、配置のバランスなどです。

今後、そのスキルをどのように生かしますか?
この年齢から勉強する事ができたので、その学びを活かし、最初は副業として続けて行けたらと思います。この仕事は誰でもできるのが魅力だと思いました。

a

上里ジヤナサン誠

効率よく制作するための、
実践で使える技術をお伝えします

私は『スクール情報誌・えら部』の創刊時から7年間にかけて、発行元である株式会社アークワンで正社員として勤めていました。現在はフリーランスのデザイナーとして活動し、継続的に『スクール情報誌・えら部』の仕事をさせて頂いています。えら部創刊時は、僕を含め素人ばかりでしたので、正直なところとても大変でした。
ですが、素人だからこそやり方にこだわりがなく、自由にできるので、とてもやりやすく勉強になりました。株式会社アークワンには、可能性がいっぱい詰まっていますので、ここで学べて仕事ができることは、大いに自身の実績になると思いますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。スクールで、あなたのお越しをお待ちしています。

説明会のお申込はこちら

スクールのお申込はこちら

株式会社アークワン スクール情報誌えら部編集部内
DTPデザインスクール事業部
【お問い合わせ】
TEL.098-943-3891 Web:http://www.arcone.jp/ 
住所:沖縄県那覇市銘苅3-2-28